天満の市の歴史は古く織田信長の頃に端を発する。
 スタッフの家系と所縁有る『ぷらら・てんま』に於いて、文化教室を開校する事となった我が子達を想う親心の詩。その気持ちをそのままに表現した一作。 阿呆丸がパソコンを用いて描いた艶やかな桜とデフォルメした郷愁に満ちた街の賑わい、その視野の前を、まるで桜の花弁が風に舞い散るかのように
風仙人の仮名と漢字が草書で飛び交っている。